観光業の仕事内容

観光業での就業を知る

従事者の不足部分は研修題材

言語能力の不足を痛切に感じる観光の業界人は、ガイド中に外国人客との触れ合いで至らなさを認識します。配属後すぐに直面することもあれば、海外の旅行商品を取り扱う担当者に任命されてから課題として自覚することもあります。業務の対応範囲が狭まりますが、手探り状態であろうとも自己解決を図る業界人は後を絶たないです。ガイドを多数抱える観光業者の場合、圧倒的に能力的な不足が確認できたら手を打ちます。たいていは研修を実施することによって、当事者全員の能力を底上げします。外国人客が目の前にいようとも、堂々とした応対が実現できます。

ガイド不足でも観光業は平常運転

観光業のサービスを盛り上げるために一役買うガイドの数は、職業の多様化によって不足傾向が続きます。声質や接客スキルを活かせる場所が他にも多数存在しているので、該当する労働者が一箇所に集中しない状況が常です。バスに添乗して顧客に説明する役割を担う人がいなければ、道中の車内は静かな雰囲気になると考えられます。ところが、観光業はガイドが不足していても痛手を受けてはいません。乗客に近場の名所などを音声と映像で説明する端末を配布することによって、サービス提供者側が運転手だけであっても道中の雰囲気が柔らかくなります。

↑PAGE TOP

Copyright © 観光業での就業を知る. All rights reserved.